施工までの流れ

施工までの流れ

見積もり〜施工まで自社で行うから安心。永くお住まいいただけます。

マエカワ研装では、見積もり前の事前調査から施工までを一貫して自社で全て行ないます。
これもひとえに「お施主様との関係を大事にしたい」という想いからです。
施工までの流れの中で1つ1つきちんと確認していくことを大事にしておりますので、
ご協力をお願い致します。

施工前の流れ

建物診断「調査」

現在の塗装の状態と、屋根や壁面の状態によって、塗装する際の下地作りに
どういった施工が必要か判断することができます。
また、足場をどの程度組む必要があるか、周囲の養生
(洗浄液や塗料などがかからないようにシートなどで対策すること)はどの程度必要かなど、
条件によって同じ面積・同じ塗料でも施工価格は変わってきます。
そういった条件を確認した上で、塗装面積はどの程度必要か、
周囲の状況から見てどんな塗装が最適かを調査いたします。

ご提案・お見積り

調査状況をご説明し、お客様のご希望をお伺いして、施工内容をご提案いたします。
今すぐ塗装が必要な部分を優先させたり、エコ性能や耐久性を考慮しながら塗料を
選んだりすることで、塗装の期間や金額を調整することもできますので、
お気軽にご相談下さい。
施工内容が決まりましたら、お見積りとして提示させて頂きます。

塗料の種類へ

ご契約

ご提案・お見積り内容にご納得頂けましたらご契約となります。
ご契約の際には施工内容・施工期間・金額・お支払い方法など、契約内容を十分
ご確認の上、ご契約書へご署名・ご捺印下さい。また、ご契約書は契約内容を
証明するものとなりますので、施工中・施工後にかかわらず、大切に保管して下さい。

近隣あいさつ廻り

施工中はどうしても騒音が出たり、塗料や洗浄液が飛び散ったりしますので、
近隣へ工事を告知し、ご了解を頂くためのあいさつ廻りは欠かせません。
施工日程が決まりましたら、張り紙などで告知するのはもちろん、
ご挨拶が必要なお宅にはご一緒にお伺いしてご挨拶いたします。

施工の流れ

外壁・屋根洗浄

塗装の状態や汚れ具合に合わせて、洗浄機材や洗浄液を用いて
外壁や屋根をきれいに洗浄します。

養生・下地調整

洗浄した後は、塗料が飛び散ってサッシ・窓ガラス・近くの家や車などに
かからないよう、シートなどで対策(養生)をします。
その後、壁面などに生じたヘアークラック(細かいひび割れ)や
チョーキング(塗装が劣化して粉をふいた状態になること)を解消するために、
以前の塗装をはがしたり、コーキング処理(小さなすき間にパテ状の充填材を詰めること)
などを施すなどの下地処理を行います。

下塗り

養生と下地処理が完了したら下塗りの作業に入ります。
壁面に直接上塗り用の塗料で塗装すると、壁面との親和性に劣るため、
すぐはがれてしまったりして耐久性が極端に落ちてしまいます。これを防ぐために、
まず下塗り用の塗料で、塗料が安定して固着するように塗装面を加工します。

上塗り

下塗りによって塗装の準備ができたらいよいよ上塗りです。
屋根や外壁がきれいに塗り替えられていくのは何度見ても気持ちがいいものです。

仕上げ塗り

一度だけの上塗りでは色むらができたり、塗料の特性が十二分に発揮できない
場合がありますので、最後の仕上げ塗りは欠かせません。
丁寧な仕上げ塗りはあなたの住まいを美しく輝かせます。

木部・鉄部塗替え

建物本体をきれいに塗り替えた後は、木部や鉄部などの細部を塗り替えていきます。
木部や鉄部には壁面とはまた違った下準備が必要となりますが、
以前の劣化した塗料を取り除いて下準備をし、丁寧に塗り替えていくのは全く同じです。

検査確認

全ての塗装工事が完了したら、お施主様立会いの下、施工に間違いが無いか、
気になる部分などは無いか、施工内容全体を検査・確認します。

仮設工事

検査して問題ないことを確認したら、養生したシート類を取り払い、
足場を解体して後片付けをします。
ごみや片付け残しが無いことを確認して施工完了となります。

施工後の流れ

近隣挨拶

施工が完了したら、工事終了をお知らせするために、
工事開始時同様に近隣へのあいさつ廻りをいたします。

完了

最後に施工内容に沿って工事完了の確認書にご署名・ご捺印を頂き、
工事内容に対する保証書を発行いたします。
この保証書は工事内容を保証するものですので、お手元に大切に保管して下さい。

アフターサービス

マエカワ研装は地元の塗装店ですので、お客様の塗装を定期的に確認し、
必要によってはお声をおかけしたりしながら、お客様の塗装をケアしています。
お客様の声をお聞きするのが何より励みになりますので、
お見かけの際はぜひ一声おかけ下さい。宜しくお願い致します。

お問い合わせへ